FC2ブログ

プロフィール

ラビアンローズ 京都

Author:ラビアンローズ 京都
京都嵯峨嵐山のバラのカフェ ラビアンローズです。
バラの香りに包まれながらローズティやローズミルクなどでゆったりとお過ごしください。

2018年秋季カフェ営業は終了しました。
ご愛顧ありがとうございました。

今後のイベント情報

12月24日(月祝)
じっくり身体と向き合うワークショプ·Traveling Body

カフェスペースのレンタルご利用募集中です。
基本料金 5000円/時間
詳細はお問合せください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


こんにちは。
京都嵯峨嵐山のラビアンローズです。

水曜日の午後、とうとう雨が降りそうな気配がしてきました。

その前に…と先ほど庭で撮った写真をいくつかピックアップしてみますね。

前回は月を話題にした記事でしたが、庭で月の名前が付いたバラを見つけました。

秋月

名前のとおり、凛とした佇まいです。

つるバラのカクテルはまだまだ開花しています。





春ほどではないにしても、結構咲いているでしょう。

前回の、満開前のバラを讃える記事を読んで、「まあ、じゃあ私はもう終わっているのかしら…」とがっかりされた方がいらっしゃいましたら、失礼しました。

いえいえ、そんなことはありません。

円熟期を迎えたバラは香りも高く、それはそれは芳醇で美しいものです。













花としてバランスが取れていますし、豊かさや包容力を感じます。

『実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな』と同様に、花の重さで少し俯いている姿も謙虚で、趣きがあります。

それとも、「もう私の全盛期は終わったのね…」と世をはかなんでいるのでしょうか?

『星の王子さま』の中で、王子さまを悩ませる誇り高く我儘なバラの花のように、バラはどうしても女性にたとえてしまいます。

庭を歩きながら、「このバラは◯◯さんに似てる」とか、「こんなバラのような女性になりたいな」というふうに、思いを馳せるのも面白いかもしれませんね。

明日の木曜日は定休日をいただいております。また金曜日から週末にかけて、お会いできますように。


ラビアンローズへのアクセスはこちら




by ラビアンローズ 京都(嵯峨嵐山)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rosekyoto.blog90.fc2.com/tb.php/103-5f49ed06

 | ホーム |